At Sprite Animation Studios we specialize in creating CG animated works. Our passion to create something that is uniquely ours – infused with Spriteness – gave birth to Sprite Animation Studios in 2002 in Honolulu, Hawaii. In 2004, Sprite Animation Studios relocated to Los Angeles, which has been our home ever since. Although our company is American-born and bred, our core staff is comprised of creative minds with cultural roots in both Japan and America. The collaboration of these "East Meets West" values allows us to create unique works which we delight in sharing with the world. As a small boutique studio in LA we swim in a big pond but our great passion and pride allow us to achieve what would be thought unachievable. We believe that a good CG-animated story has the magical power to touch and transport its audience to a different time and place, and we will always be passionate about crafting this magic for our audience!


In early 2009, Sprite entered into a partnership with OLM Digital, Inc., expanding our production capacity and our ability to handle large-scale projects. This has also made possible a seamless production line between LA and Tokyo through the sharing of Sprite's workflow methods and tools perfected over five years of research and development by its internal team. This lead to our first joint production in 2013: Pac-Man and the Ghostly Adventures (Disney XD), in which the entire production process – from storyboard to delivery – was handled by Sprite and OLM. In 2016, we saw the launch of our much anticipated theatrical films, Rudolf: The Black Cat and Snack World: Lenny the Misanthrope. So what is next for Sprite? To continue creating CG-animated projects that resonate with our audience – projects with a touch of Spriteness!

Sprite Animation StudiosはCGアニメーションを作る会社です。自分たちにしか作れないスプライトらしい -Spriteness- ものを作りたいと考え、2002年にハワイで設立、2004年にロサンゼルスに拠点を移しました。アメリカ育ちですが、コアスタッフは日本人で構成され、日本ならではの作品を世界に広めるという考え -East meets Western- を大切にしています。私たちは小さなスタジオであることに誇りを持ち、そうでなければ達成できないことを目指します。そしてCGアニメーションの持つちからを信じ、情熱を忘れず、人々を感動させる作品を作りたいと願っています。


2009年にはOLMデジタルとパートナーシップを組み、大規模なプロジェクトを実現できる体制を整え、5年をかけてスプライトで育て上げたワークフローとツールを共有し、LAとTOKYOにおけるシームレスなプロダクション制作を可能にしました。その成果となった第1弾が2013年にディズニーXDで放映された「パックワールド」です。ストーリーボードから完成までの全ての工程をスプライトとOLMで担当しています。2016年には念願の劇場映画「ルドルフとイッパイアッテナ」「スナックワールド 人嫌いのレニー」を公開することができました。スプライトの次なる目標はオリジナルCGアニメーションを作ることです。これからもスプライトらしさ -Spriteness- を忘れず、人々の心に残る作品を目指して努力を続けていきます。

MOTO SAKAKIBARA

|

Chief Creative Officer

日本初のCGプロダクションJCGL、ナムコ、HDCG NYを経てスクウェアに入社。1997年には「Final Fantasy VII」のムービーディレクターを務める。その後Square USAに移籍し、映画「Final Fantasy: The Spirits Within」の共同監督。

2002年ハワイにてスプライトを創設。クリエイティブ・ディレクターとして、数々のオリジナル作品の開発を手がける。2006年には「モンスター・サムライ」(短編)がアヌシー国際アニメーション映画祭で入選。監督作品として「Pac-Man and the Ghostly Adventures」(Disney XD)、「Kong: King of the Apes」(Netflix)、2016年に公開された映画「ルドルフとイッパイアッテナ」、「スナックワールド 人嫌いのレニー」(短編映画)がある。

JUNICHI YANAGIHARA

|

COO & Executive Producer

ワシントン州シアトルにあるPerkins Coie法律事務所のアソシエート (米国ワシントン州弁護士資格) としてスクウェアやエニックス等のゲーム会社の仕事に関わったことをきっかけに、スクウェアの米国法人に入社し、ハリウッドの技術や人材を積極的に取り入れた米国での新規ゲーム・映像制作業務を担当。2001年に公開されたCG映画「FinalFantasy: The Spirits Within」制作のためのスタジオ立上げや、「Animatrix: Final Flight of theOsiris」の制作にも携わる。その後、2002年に他のメンバーとともにスプライトをハワイで立ち上げ、現在に至る。スプライトではオリジナル作品の開発の他、サービスワークの制作、また、ローカライズ作品の制作にマネージメントとして携わり、採用・人事の他営業面も担当する。

TATSURO MARUYAMA

|

Vice President & Art Director

イラストレーションや、広告、雑誌関係のデザイナーとして活躍の後、1992年に株式会社シグマに入社し、CM制作やテレビ番組のCG映像制作、またゲーム用CGムービー制作に携わった後、独立。CG制作会社を設立。1997年に映画「Final Fantasy: The Spirits Within」の制作にリード・アーティストとして参加し、「Animatrix: Final Flight of the Osiris」の制作でも、セット&プロップスのスーパーバイザーを務める。2002年のスプライトの創設以来、スプライトのオリジナル作品である「Journey to the West」や「Monster Samurai」をはじめとして、パックマン、コング、ルドルフとイッパイアッテナ等、数々の作品やプロジェクトのアートディレクターを務める。

TETSUYA ISHII

Character Supervisor

大学卒業後、ポリゴン・ピクチュアズでキャラクターのモデルやリグのリード・アーティスト/スーパーバイザーを務めた後、2004年にスプライトの入社。 TVシリーズ「Pac-Man and the Ghostly Adventures」(Disney XD)と「Kong: King of the Apes」(Netflix)ではキャラクター・スーパーバイザーを、また映画「ルドルフとイッパイアッテナ」でもキャラクター・スーパーバイザーを務める。

TAKUJI TOMOOKA

Lighting & Compositing Supervisor

大学卒業後、スクウェア(現スクウェア・エニックス)にてCGデザイナーとしてゲームの映像制作に携わる。
スクウェア・ビジュアル・ワークスを経て2000年に映画「Final Fantasy: The Spirits Within」の制作に参加。
スプライトの創立メンバーであり、TVシリーズ「Pac-Man and the Ghostly Adventures」(Disney XD)と「Kong:King of theApes」(Netflix)ではライティング・コンポジット・スーパーバイザーを、そして映画「ルドルフとイッパイアッテナ」ではシークエンス・スーパーバイザーを務める。