ルドルフとイッパイアッテナ

1987年の発売以来、シリーズ累計100万部を超える、ベストセラー児童文学の『ルドルフとイッパイアッテナ』(斉藤洋・作) を原作とした長編フルCGアニメーション映画。第40回 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞受賞。


スプライトでは監督、アートディレクション、スーパーバイザーを担当。2013年の「パックワールド」から続く、OLMデジタルとタッグを組んだ集大成と言える。ルック開発においても、スプライト作品を作り上げてきたスタッフの手により、日本ならではのフルCGアニメを実現している。

2016年制作・89分

Rudolf: The Black Cat

Based on the best-selling Japanese children’s book series “Rudorufu to ippai attena”, “Rudolf: The Black Cat” tells the bittersweet story of a young housecat whose desire to explore beyond the gates of his home leads him on an incredible adventure of discovery that will change his life forever.
 
As Sprite’s first CG feature film, “Rudolf: The Black Cat” represents a new height for the collaborative relationship with OLM Digital that begin with the 2013 TV series “Pac-Man and the Ghostly Adventures”.  For this project, Sprite handled the preproduction as well as the overall direction and supervision.  We are very proud to announce that this film was nominated for Best Animated Film at the 40th Japan Academy Prize.

2016・89min

©2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会